私が注文住宅を建てた近所は、住宅密集地に指定されているので、建築基準法として、アルミサッシの設置が義務付けられています。
家を建てる前は、アルミサッシの分、お金がかかってしまうと、残念に思っていたのですが、実際に注文住宅を建ててみて、アルミサッシがついていると、非常に便利なことに気が付きました。

■アルミサッシは防犯になる!
アルミサッシは、1階と2階の窓に、つけてもらっています。
小さな窓にはつけなくても良いみたいですが、横幅が2m以上ある窓には、すべてアルミサッシを付けています。
アルミサッシを付けていると、夜寝るときでも、さっとアルミサッシを下すだけで、防犯になります。
旅行に行く時にも、アルミサッシをすべておろして出かけるようにしています。
窓は二重窓なので、少々のことでは割れません。
でも、最近では、ガスバーナーで窓を割る空き巣も増えているので、そういった点も考慮してみると、アルミサッシは防犯性が高いです。

■昼間でもアルミサッシを下すと真っ暗
昼間でも、アルミサッシを下すと、夜みたいに真っ暗になるので、お昼寝する時にも便利です。
アルミサッシを下すと、真っ暗になるだけでなく、外の音もほとんど聞こえなくなるので、大変静かな環境で休むことができます。
冬場、寒い時期は、二重ガラスに加えて、アルミサッシを下すと、さらに室内が暖かくなります。
アルミサッシにかかる費用が、たとえプラス100万円かかったとしても、つけておくと、生活の様々な場面で役に立ちます。

■アルミサッシのデザインもおしゃれ
アルミサッシも、黒に近いダーク系のカラーだけではありません。
きれいなホワイトカラーもあるので、外壁がパステル系の家にも、おしゃれなアルミサッシを付けることができます。
アルミサッシは、重いイメージがありますが、最近のアルミサッシは、さっと降ろすことができるので、毎日上げたり降ろしたりするのも負担になりません。
今後注文住宅を計画している方は、アルミサッシを是非検討してみて下さい。