建売住宅とは、土地と建物がセットになって販売されている住宅の事です。かつては建物が完成してから販売するケースがほとんどでしたが、最近では着工前から販売するケースも増えています。ただしどちらのケースでもどういった建物になるかは予め決められており、大幅な変更が出来ないのでその点には注意が必要です。注文住宅と比較される事が多い建売住宅ですが、きちんとメリットも存在しています。まず大きいのが注文住宅と比較した場合、マイホームを手早く購入出来る可能性が高い事です。特に既に建物が完成している建売住宅であれば、建物を建築するという長い手間を省く事が出来ます。お陰で家を手に入れるタイミングをはかる事が出来るので、購入計画も立て易いです。建物がまだ完成していないケースでも、注文住宅の様に打ち合わせを何度も重ねる必要もないため、購入の手間を省く事が出来ます。

特に子供の進学に合わせて新生活を始めたい家族には、建売住宅の方が便利だったりするのです。そんな風に注文住宅よりも手軽に購入可能な建売住宅ですが、注意すべき点も存在しています。購入前にまず確認しておきたいのが、購入価格にどの程度まで含まれているのかです。というのも購入する物件によっては、外構や網戸、カーテンレールといった工事もオプション扱いになっていたりします。購入者の中にはそういった工事は含まれて当然だと思い込んでいる人も珍しくないため、購入後に別途費用が必要だと知り、愕然とするケースも多いです。だからこそ価格にどういった工事が含まれているかを事前に確認した上で、購入するかどうかの決断をする事をおすすめします。更に建売住宅の引き渡し前の立会を行う際には、不具合がないかを念入りにチェックする事が大事です。自力で不具合が見極められるか不安な場合には、専門家に同行して貰って細かくチェックする様にします。そうして不具合を見付けたら、きちんと補修して貰う様にしないと住み始めてから後悔する羽目になるので注意が必要です。加えて未完成の建売住宅を購入する際に、未完成の状態での引き渡しを持ち掛けられる事があります。この様に建物が完成していない状態で代金の支払いを求められるケースでは、応じるべきではないです。支払い後にその会社が倒産したり、或いは支払って以降、対応がいい加減になる可能性が高いので未完成状態での引き渡しは絶対に受けるべきではありません。