注文住宅では、契約する業者の提案力というのはポイントになる部分かと思います。特にその分野での知識に自信がないと、業者がどのような提案をしてくれるのか、そしてその提案が良いものであれば、それに乗っかって進めていき、最終的に良いものができればそれでよい、そんな考えになりがちです。ですがそれをやると、結局高いだけの建売住宅のようなものになる可能性がありますし、なんのための注文住宅なのかわからないようになってしまうかもしれません。

素人なのでよくわからないので、言いづらい、どうせ却下されるだろう、そんな消極的な考えを持ちがちですが、自分がお金を支払い理想の家を建てる、そういうものですから、やはり業者に提案してもらうというスタンスを第一にしてしまうと、相手のペースですべて進んでしまいます。業者としては機嫌が良いかもしれませんが、自分たちがそれで納得し、それが良い家になったと思えるのでしょうか。やはりこうしたい、ということをはっきりというべきです。よくはわからないけど、こういう間取りがいいという意見をはっきり述べる勇気を持つことは大切です。業者というのは、その提案を受け入れて、いかにそれを実現するのかをするのが役割であり、それが業者の技術力でもあります。提案をしてもらうではなく、提案をする、このスタイルを貫くと、業者のペースではなく、こちらのペースになるため、やりがいが出てくるし、それに努力してくれる業者への愛着も出てきます。時には嫌がられることもあるかもしれませんが、業者に作らせるというスタンスで取り組むことができれば、家づくりは楽しくなっていきます。

相手の顔色や機嫌を伺わないと難しいような業者を選ぶのではなく、自由に自分のアイデアを出すことができるような業者を選ぶようにしましょう。そうすれば、素晴らしいマイホームを手にすることができ、家づくりに満足し、爽やかで充実した毎日をおくれるようになります。