それほど家に憧れがなく、ローコストでそこそこの家に住めれば良い、でも土地があるので、建売を購入することは難しくて、注文住宅で家を建てるという選択肢しかない、そのような状況に置かれている人がいるかもしれません。確かに土地があれば、そこに家を建てるのは自然であり、そうであれば工務店などに依頼して、設計してもらい、予算の中で家を建ててもらうという流れになると思います。

ローコストで家を建ててもらう、それは悪いことではありません。家にはあまりお金をかけないという気持ちが強いのかもしれませんし、安いに越したことはないのは確かです。ローコストでもそこそこの家を建てる業者はいますし、それを得意とするところもあります。ただ注意したいのは、ローコストはやはりそれなりのものであるということです。というのは、ローコストにすると、そのあとでメンテナンスにお金がかかったり、大きな災害が生じるような事態になったときに、被害が大きくなるリスクを背負って暮らす必要があるということです。

このあたりは十分に検討する必要があります。例えばしっかりと断熱効果のされていない家を建てると、光熱費に毎月かなりのお金を使うようになる可能性があります。安い材質を選ぶと、長持ちしないために、数年でメンテナンスが必要になり、その都度出費がかさむということもあります。雨漏りがしやすくなる、白アリに弱いとか、耐久性にいまひとつの材質というのは原価が安く、見た目も悪くありませんが、そうしたリスクがあるというのは不安ではないでしょうか。

それでローコストの家づくりをする場合には、構造の部分での材質選びには、ある程度お金をかける方が、後々安心できる部分がありますし、ランニングコストという面では、そうした選択をして後悔することはないでしょう。安く丈夫な家をつくるというのは、現実的に難しく、価格というのは正直であることを覚えておくのは良いことです。