私が実際に注文住宅で家を建ててみて、一般的には大切なのですが、たくさんありすぎるのも問題だと思うものを紹介します。
結論から言うと、それは収納です。家を建てるときに、収納が少ない家は片付いていない、という言葉を工務店からもらいました。ですが、私はリビングの大きさにこだわっていたので、最低限の収納しかできなかったのです。

特にキッチンの収納は少ないと思います。家族にも収納が少なめなので、少し心配されました。ですが、実際は収納は少なめでよかったと思っています。理由は収納がたくさんありすぎるとそれだけ物を溜め込んでしまうからです。収納が少ないと、物が入らないと思ったらその場で整理整頓をして、いらないものがあれば捨てようとします。そこで、もし、収納スペースがたくさんあるなら、捨てようと思わないため、溜め込んでいたでしょう。

収納が足りなくなったときに整理整頓をしようとがんばるので、私には収納が少なめの方があっていたと思います。もともと私は物を片付けたりするのが得意な方ではありません。ですので、収納が少なくならないと強制的に片付けようとしない性格なのです。そんな私にとてはそこまで必要がないものだったと今では思っています。

もし、私のように整理することが苦手な人は収納を作り過ぎないということを心がけると良いでしょう。ただ、収納がまったくないのもだめなので、大きな押入れやクローゼットなどは絶対に大切です。必要以上の収納が必要という意味なので、もし、これから家を建てるときはどれくらい収納を作るかを考えてみることをおすすめします。

このように、私が家を建てて思ったことを紹介しました。収納がたくさんある方がなんとなくいいような気がしますよね。もちろん、大切なことだと思いますが、ありすぎるデメリットもあるので、たくさんあれば良いというものではありません。ためすぎてしまう不安がある人はだからこそ、少なめにしてみることをおすすめします。