注文住宅を作る時に、最も気をつけたいのはなんといってもトイレです。それは使う頻度が高いからです。家族全員が、よく使う場所なので慎重に考えることが大切でした。ところがそのトイレについて、そんなに関心がなかったのです。トイレは使えたらいいと思うことがありました。その結果、我が家のトイレについてこうしたら良かったと思うことが多くなっています。
ここでは、我が家のトイレについて、どんなところが嫌なのかをご紹介します。

・トイレが狭い
トイレを作る時に、そんなに広くなくてもいいだろうと思っていました。私はそんなに狭いと感じることがないのですが、主人や大きくなった子供たちはその狭さを感じています。一日に数回使うトイレでそんなつらい思いをするのはダメですね。もっと使いやすいように、広めに設計をしたら良かったと思います。のびのびとできるトイレが良かったです。

・トイレが臭う
トイレについては、いろいろな防臭を行っています。それは使い捨ての防臭剤等を設置することにしました。ところが、トイレというのはその部屋に匂いが染み込んでしまうのです。特に染み込んでしまうのは、やっぱり壁です。
私の家のトイレは、壁紙にしています。そのことから、掃除をしてもスッキリと汚れが取れているのか気になります。汚れが目立たないように、少しくらい壁紙にしたのでより汚れがそのままになっている可能性があります。しかし目立つのも困ってしまいますね。
その時、壁紙についてもっと防臭効果のあるものなど使いやすいものを選択すべきであったと思っています防臭。効果の高い、さっと拭き取りやすいものが良かったです。

・自動で蓋が開くのが良かった
トイレを作る時に、そんなに考えていなかったのでシンプルなものでいいと思うことがありました。しかしやっぱり不便さを感じることがあります。特に、設置したかったのは自動でふたが開くトイレ便器です。それだと、本当にらくだと感じました。