注文住宅を作る時に、自分の夢をその中に詰め込むことができますね。。不便と思っていた箇所を追加することができるので、とても楽になります。また以前の家になかった設備等について、その注文住宅で叶えることができるのです。そうなると家に帰ってくることが、楽しくなることでしょう。
私の場合も、注文住宅で叶えたい夢がありました。それはなんといっても、和室を作る事です。ここでは、和室を作って本当に良かった事についてご紹介します。

・落ち着く
和室の空間というのは、本当に落ち着きますね。リビングで過ごす時よりも、ずっと気持ちがリラックスできていると思うことがあります。仕事を自宅でしたいときなど、その和室に机をおいて実施することができます。するとはか取るのです。そんな魅力があります。

・そのまま横になれる
和室の場合は、下が畳なのでそのままリラックスをすることができます。特にいいのは、冬に横になるうことができるところです。我が家の場合は、その部屋にこたつを置くのでそこでそのまま横になりテレビを見たり、体を温めたりすることができます。畳の場合は、リビングのフローリングとちがい、暖かいので助かりますね。家族全員が、その畳を気にいっています。

・ふすまの魅力
和室には、日本人が好きなふすまがあります。和室として、ふすまというのはやっぱり必要なのです。子供たちは、ふすまを知らない人もいるのです。その伝統のあるふすまを我が家に設置することにより伝統を感じることができます。
またふすまの場合は、交換をしたりすることができるので便利です。汚れたと思った場合は、さっと交換できて面倒なリフォームをしなくても部屋を綺麗にすることができます。その点でも、ふすまを配置することを気にいっているのです。
そしてふすまの色を白にしているので部屋が明るいということもあります。軽いということも気にいっています。重たい部屋よりもふすまのそんな魅力も感じています。